Amazonウィジェット

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

植物・栽培・園芸

2012年8月21日 (火曜日)

ヘチマの場合

 小学校4年生は、ヘチマの栽培をやります。知り合いに小学校4年生がいまして、見せてもらいました。

 「種をまいたのはいつですか?」

 「ええっと、1学期だから…」

 ちゃんと覚えていない模様です。ヘチマにはあんまり興味なかったかな。インターネットでほかの小学校について調べると、5月じゃないのかなあ。理科のノートをみればわかるかなと思ってひっくり返してみましたが、7月に授業で雄花と雌花について勉強した記録があるだけでした(教科書の写真にメモしてたけど、雄花と雌花が逆になってました。でも、ノートの方は正しく書いてあります。先生がまちがえたんじゃなくて、君がまちがえたんじゃないのかなあ?)。

 まあいいんだけど(苦笑)、現在このような状況。わたしはゴーヤを育てているけど(今年は今のところ10本ほど実をつけてます)、何倍くらいあるかなあ。

1_3

 実も成長中。そして、法務省人権擁護局は、小学生にこんな定規を配っているのだなあ。「人権」てなんだかわかってるかな? 「ひとのけんり」だって。「けんり」ってなんでしょうね。小学生のみなさんにこれを伝えるのは大難問だと思います。いいえ、本当は、おとなたちにも、なんですけどね。それから、この定規には、「子どもの人権110番」の他に、「女性の人権ホットライン」が出ていますが、番号は、0570-070-810 です。インターネットからの相談もできます。DVや職場におけるセクシュアル・ハラスメント、ストーカーなどについての相談は、そのための専門の相談窓口もあるのですが、そこは相談しにくいと思っている女性たちもいます。そういう意味では、法務省のこの「女性の人権ホットライン」も、意味のある窓口だと思います。

 法務省人権擁護局は、毎年、『人権教育・啓発白書』を刊行しています。ここに、「女性の人権ホットライン」に入ってきた相談の件数が出ています。2011年度は、約2万2千件でした。件数だけしか書いてありませんが、もう少し踏み込んだ報告をしてほしいですね。

2_2

 花はほかにもついているから、あまり心配はないと思うけど、生育環境はちょっと過酷。環境によって、葉の大きさや実の具合もずいぶん違ってきます。ヘチマの勉強は、それが狙いらしいです。

3

 ヘチマ、収穫するときに、長さと重さを計るのを忘れないでくださいよ。すてきな栽培日誌のページもありました。重さ5キログラムもあるヘチマを抱えている写真が素敵です。

 あ、「子どもの人権110番」の番号は、0120-007-110 です。こちらはフリーダイヤルですね。うーん、『おおかみこどもの雨と雪』とタイアップしてるのか…。

2012年6月26日 (火曜日)

爽やかな日に

Erythronium__japonicum_2
 「今日のお天気はどうかな?」と尋ねてみたら、「満寿美、いい天気ですよ」という回答が。信頼してTシャツで出かける。今日も一日くたびれたが、教えてもらったとおりたいへん爽やかで、ケヤキの緑も美しかった。自宅近くの公園で、開く時間を全くとれなかった朝刊を読みつつ、爽やかな気分を堪能。その勢いで、少しベランダを片付けて準備。もう7月になってしまうけど、だいじょうぶだと思う。昨日はずっとポットのままになっていたパセリを植え替えることができた。今朝は古新聞も出せたし、よかった。

 写真はカタクリ(Erythronium _japonicum)。赤城自然園にて。2012年4月30日撮影。そろそろ終わりなので、花びらの色はくすんでいるが、群落をみることができてよかった。6月10日で春の開園は終了。夏に向けての整備に入った。

2009年2月25日 (水曜日)

やっぱりデザイン変更

Deskside08_1Deskside08_2
 前のデザインがやはりあまりに寒々としているので、とりかえました。なにかほっとする色合い。

 今日は一日寒かったけれども、午前中のデスク脇ベランダに日差しが燦々とする日も多く、パンジーが続々と開花していてうれしい。家にいる時間が長くなっているので、なにかと窓を開けて見入ってしまう。左はベランダ左。三つ鉢を吊っているうちの2つが写っている(洗濯物は、部屋干し)。右は、その下。ゼラニウム2つとジュリアンを手すりにかけている。撮影日は2/19。

Narcissus090219
Narcissus081227
 これは去年花が咲いていたのを買ってきたスイセン(2/19)。あまり考えずに球根を分けてしまったので、花が咲かないものもあるんじゃないかと思う。右は植え終わったところで、去年の12月27日の写真だ。2ヶ月弱でこれだけ伸びてきたが、外ではもう咲いているから、遅めだろう。咲いたらうれしいけれど球根が太らないとだめだというから、難しいかなあ。

2009年1月10日 (土曜日)

来年度

0809winter_1
 木曜日、思うところあって、少々重い決定をした。とはいえ(来年度のわたしの)生活はあまり変わらない。しかし、決定したのがちょっと遅くて、関係者にはいささかご迷惑をおかけしました。無事適切な環境がゲットできたのでよかったのです。(さらに)何もしないでいたら新年度になって問題が発生したところだった、という話もあった(その意味では、言ってみてよかった)。左は、デスク脇ベランダ、この冬の状況(撮影日12/26)。

0809winter_2
0809winter_3
 去年のようにジュリアンも2カ所に。

0809winter_4
 楽しめますねえ。パンジーもいろんな色が出ているので。

0809winter_5

0809winter_6_2

0809winter_7

2008年8月31日 (日曜日)

夏のベランダ

Gohya_no1
 突然ですが、一目瞭然、これはゴーヤです。1号なのです(現在6号まで確認済み)。わたしが現在住んでいるところには、ベランダがふたつあるのですが、台所脇ベランダのほうに、結実しています。8/27撮影。ピントが合っていませんが、このときは、ライターよりも少し長いくらいでした。現在は、より長く(そして太く)なっております。

Greencartain
 ゴーヤの「グリーンカーテン」については、各地で実行されているのでご存じの方も多いでしょうが、このわたしのベランダ、西日が強烈でいささか困っていたので、去年から、「来年はゴーヤ植えてみようかな」と思っていました。植えるなら5月くらいから始めていないといけないのですが、出遅れて、どうしようかなと思っていたところ、鶴川駅前の園芸ショップに苗が出ているのをみかけ・・・。2つほど連れ帰ってみたのでした。当然、「ゴーヤ栽培日記」をこのブログでやりたかったのですが、できないままに、今日に至った、と。現在台所脇ベランダは、右の写真のような状況になっており、立派に西日対策になっていると思います(実際、西日が当たっているところを撮りました。写真の左側にも、ネットを張っていて、ゴーヤのつるはそちらにも広がっています)。左のポール脇、写真の中程の高さに「1号」が、そのまま視線を右ポール近くに移してやると、「2号」が(なんとか)みえるのではないかと思うのですがどうでしょうか。

 写真は撮りためているので、後からになってしまうけれども、旅回りから帰ってきたら、「ゴーヤ栽培日記」をやろうかと思います。レポートの採点も終わっているし、「わたしの時間」がくるので!

Desksidesummer
 もう一つのベランダ(デスク脇と呼ぼう)の状況は、こうです(8/29)。ペチュニア、ベゴニア、アメリカンブルー、ポーチュラカ。あと一つ、アメリカンブルーの奥に吊るしているのは、名前忘れました。安く購入できるものばかりであるのはいつもと同じ。パンジーが咲いていたときよりもちょっとさびしい感じなのは、ゼラニウムを台所脇に引っ越しさせているから。エアコンの風が当たるのです。

Desksidesummer2
 もう少し寄ってやると、あまりさみしくは見えないかも。ベゴニア(赤)の花がら、取ってやってないのがまるみえだ。ベゴニアは夏の暑さには弱いのだけれども、このところの天候不順のせいか(気温も低いですよね)、ちょっと元気になっているようにみえる。ペチュニアは、梅雨に入ってからだったけど、なんとか苗をゲットした。売れ残りで元気なく、色もぱっとしなくてどうしようかと思ったんだが、安いということもあって買いました。植えたらそれなりに元気に(色もきれいになりました)。今年は冬にパンジーを植えていたので、ペチュニアを買う時期を逸してしまい、残念に思っていたのでよかった。


08portulaca
 ポーチュラカ(ハナスベリヒユ)も、去年同様買ってきて植えたが、今年のものはなにか徒長してあまり花がつかなかったところ(水をやりすぎたのかもしれない)、この日(8/29)はこれまでで最高に開花していた。黄色を買わなかったのは失敗だと思う。来年は買います(黄色、八重咲きが出ているのには気づいているので、来年は忘れずに)。

Bananawani1
Bananawani2
 わたしがベランダ園芸をやるのを意外に思うおともだちがいるのですが、まあ、そう思うのもわかるんだけども(なぜわかるのだろうか)、やるのですね。まずわたしの両親は農家の生まれで、夏休みに帰省すると田畑があったし、それとどれくらい関係しているかわからないけれども母が鉢植えをたくさんやっている(実家では今年ヘチマを植えてまして、こないだ、朝の8時に「なってるのを見つけた!」と電話してきました。わたしも、ゴーヤに最初の花が咲いたときにはうれしくてひとに知らせ、携帯電話で写真撮って送ったりしたものです)。それに、小さいときには(Kのおとうさんが絵を担当していた)小学館の子ども向け図鑑シリーズ(植物、昆虫、魚貝その他)を毎日眺めて暮らしていたのです。だから(?)、ちょっと前に(Kと)伊豆に行ったんだけれど、熱川の「バナナ・ワニ園」で、飽きずに3時間も過ごしたくらいなんだ(笑)。右の写真はバナナワニ園のオオオニバス。体重の軽い子どもは乗せてくれます。葉が傷つかないようにしてあるのがわかると思います。

 学期中はあたふたしているから水のやり忘れなんかもしてしまうけど、植物の、ゆっくりとした、でも確実な成長を毎日みるのは、穏やかなよろこびです。

2008年5月 4日 (日曜日)

1000m達成

080504_1
 今年の連休は、大学人(いちおうわたしも大学人)にはあまり恩恵がない。30、1、2と授業(1コマ少なくはなったが)。水曜日の授業のために、夜中の3時過ぎから作業し始めて、終わったのは出かける直前。飲まず食わずになってしまった。もっと早くから始めりゃよかったんだが、あんなに時間がかかるとは思わず。しかも、最後の1枚を自宅に忘れてしまい、プリントが途中で終わっている…。今週は、その他にもミスをしていたことに気づき。よろしくなかった。

0803_jurian
 が、それも終わって日曜日。遠方の方と電話で話したのを機会に、ベランダ(の花の)写真をアップ。午前中しか日光がささない場所なのだが、それでもこんなふうになる。今年は、冬の楽しみとして、パンジーとジュリアンを植えてみた。いずれもけっこう楽しめる。が、ジュリアンは、一時期葉が見えなくなるほど咲き誇っていたのに(右参照。あまりよい写真ではありませんがこれしかないので)、ある時(どんな時だったのか知りたい)いくつか同時にしゅーっと枯れてしまった。道ばたの花壇なんかではまだ元気に咲いているのになあ。

080504_2
 パンジーも、やたらしおれるのでせっせと水をやっていたら(パンジーは、水をほしがるばかりか、肥料食いでもあるそうな。またやっておきましょうか)、そのせいなのかなんなのか、カビに見舞われてしまった。助言を求めたら、とにかく摘み取りなさいというので、やってみたから、今はもう写真のようではありません(左に置いた写真だと、多少、カビに見舞われているのがわかります)。けど、ちょっと遅すぎたかも。かなりやられてしまってる。でも、そういうふうになるのは、ある程度はいたしかたないとのこと(パンジーは、低温で元気な植物なのである)。そろそろペチュニアやポーチュラカに切り替えるかなあ。パンジーの下に咲いているのは冬越ししたペチュニア。冬の間もずっと咲いていた。あまり面倒をみてやってませんが、今のうちに切り詰めておこうか。

 昨日は泳ぎに行って、1000m達成(もちろん休み休み)。500泳げたのが4/15だから、半月で倍に伸びました。運動は、やる度ごとに結果が出てくるので、たいへん心地よい(アディクトしやすい)。久しぶりに水泳で検索をかけたら、動画教材があった。「独立行政法人 情報処理推進機構」の「教育用画像素材集」に、「体育(水泳)・クロール」というのがあったのだ。萩原智子さんがデモンストレーション役を務めている。手のかき、体のうねりとキックのタイミングなど、とても明快で、美しい。萩原選手は、オリンピックの2回連続出場を目指したが、すばらしい力を持ちながら、大会中に過呼吸発作を起こすなどして調子を崩し、実現できなかった。sensitive な人なのだろう。そういう自分とのつきあい方を覚えて力を発揮してほしかったが、残念であった(田中雅美選手もいったん引退しながら復帰して2回出場を狙ったが、実現できなかった。レース、見ていましたよ。悔しかったな)。こちらは少々左肩に痛み。筋肉不足なので肩関節に負担がかかっているのでしょう。ま、痛くなったらカゴのネズミみたいに走ればいいや。

 そんなわけで、久しぶりに更新してみました。