Amazonウィジェット

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

2015年6月 6日 (土曜日)

引っ越しました

 先ほどこのブログの引越しを行いました。下記です。

     http://mmasumi.sblo.jp/

(『武士の家計簿』の)磯田道史さんが朝日新聞のbeに

★Facebookに書いたんだけど、探しにくくなるのを避けたいので、こっちにもコピーしておきます。

********************************

 (『武士の家計簿』の)磯田道史さんが朝日新聞のbeに登場してます。災害のことをやろうというので、公募に応じて静岡文芸大に移った古文書研究者。

 「8年間教えた茨城大を離れ、浜松に妻子と移り住んだのは2012年春。明応(1498年)、宝永(1707年)、安政(1854年)の大津波に遭い、東海地震の恐れが高いこの地で、災害に関する古文書を全国から集めて研究しようと、静岡文芸大の教員公募に手を挙げた。「必ず次の災害も来る。その時まで、歴史学者として何も行動を起こさなかったらきっと後悔する」。東日本大震災後にこう思ったのは、母が1946年の昭和南海地震に徳島で遭い、裏山に上がって津波から逃れた話を繰り返し聞いて育ったからだ。被災地にも足を運び、学生や浜松市民に「過去に学び、備えよう」と語りかける一方、13年春から1年半、朝日新聞beにコラム「備える歴史学」を連載して災害から生きのびるための知恵を全国に伝えた。」

「(フロントランナー)歴史学者・磯田道史さん 先人の知恵、伝える「町史家」」@朝日新聞デジタル
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11790535.html

 ここに出てくる1946年の昭和南海地震について、知らない人が多くいるのではないかと思われるのですが、日本列島では、この時期に連続して千人以上の死者を出す震災を経験していました。しかし、特に戦時中の震災については、情報統制が敷かれていたため、広く知られないままになっています(もちろん、現在は、災害研究者の間では知られています。政府は、昭和東南海地震とその一ヶ月後に発生した三河地震についての報告書をまとめています。「隠された大震災」という表現が使われています)。私たちの知識の中では、地震災害は、「関東大震災の次は阪神淡路大震災」ということになっているように思うのですが(あるいはその間に、1960年の「チリ地震津波」があるという方もおられるかもしれませんが)、誤りなのです。

 南海地震の後、1948年には、マグニチュード7.1、最大震度6、死者 3,769人の福井地震がありました。

1943年(昭和18年)9月10日17時36分 鳥取地震
 震源;鳥取県東部、マグニチュード;7.2、最大震度;6、死者1,083人
1944年(昭和19年)12月7日午後1時36分 昭和東南海地震(津波発生)
 震源;新宮市の直下30km付近(再決定)、マグニチュード;7.9、最大震度;7(推定)、死者1,223人(918人説もあり)
1945年(昭和20年)1月13日午前3時38分 三河地震
 震源;三河湾内地下、マグニチュード;6.8、最大震度;7相当、2,306人
1946年(昭和21年)12月21日午前4時19分過ぎ 昭和南海地震(津波発生)
 震源;和歌山県南方沖、マグニチュード;8.0、最大震度5、死者1,330人

 こうしたことについて知ったのは、河田恵昭さんの『津波災害』(2010年、岩波新書)でしたが、そこに出てくる昭和南海地震については、このように書かれていたのでした。

「1946年12月21日午前4時19分に起こった昭和南海地震による死者のデータを整理していて気がついたことがある。30歳代の女性に死亡率のピークがあり、40歳代や50歳代の女性より死亡率が大きいのである。何かの間違い、と考えてデータを見直しても変わらなかった。30歳代の女性の多くは乳幼児がいたため、避難が遅れた。冬の寒い季節だったから、ねんねこにくるんだりしている間に、あるいは一家の主婦として仏壇の位牌などを持ち出そうとして逃げ遅れたのである。夫や若者は一人でいち早く逃げたので助かった。(p.156)」

2015年4月 5日 (日曜日)

Facebookとブログの連携

 1999年9月に個人ウェブサイトを開設、2007年4月にブログをやり始め、2014年9月にFacebookと、インターネットが先に進んでいくのに応じてやることもやっているが、Facebookの便利さを実感中。つながりをつくりだすツールとして優れているのは確か。

 でも不便さもあります。エントリの一つ一つに個別のURLが割り振られはするのだが、取り出しにくくて、過去記事も途中で折りたたまれてしまうので、探しにくい。
 ブログと連携できるといいんだが、そして調べてみると連携できるらしいのだが、そのサービスにお金を払ってくれる人が少ないらしくて、今年の5月でやめるよ、というアナウンスが出ていたり(いえ、ツールは他にもあるのですね。でも、使うと、あんまり入れていない個人情報が、その会社に把握されてしまうので、使いたくない気もする)。
 やはり、自分で一つ一つコピー&ペーストするのがいいんですかね。
 でもこのブログ、行間の設定なんかが、望んだようにならないので不便なんですよね。

2014年9月14日 (日曜日)

Facebookを始めました

 昨日より、手を付けないでいたFacebookを始めました。下です。多機能なので戸惑いましたが、少しずつ慣れてきました。



 先週水曜日に、衆議院議員会館にて、いわゆる「女性の活躍法」についての勉強会を開催して、動き始めたので、今後の取り組みのために。



 けっこうみなさんやっているんだなあと、感心頻りですが、Facebookは、投稿画面と投稿後の画面がほぼ同じデザインになっており、その点で非常にユーザーフレンドリーなんですね。ブログだと、全然違うウェブページがみえていて、舞台裏の操作と、実際のブログ画面は確然と切り離されているわけですが、Facebookでは、切り替えが感じられない、シームレスなものになっています。これはやりやすい。ユーザが増えるわけだと思いました。

2014年5月 3日 (土曜日)

フランシス&ヘスター本

1030 41yfiulpczl

 emcaについての重要な本が翻訳されて刊行。デイヴィッド・フランシス&スティーブン・ヘスター『エスノメソドロジーへの招待--言語・社会・相互行為』(ナカニシヤ出版)。原著は2004年の刊行、全訳です。訳者の方々にお送りいただきました。ありがとうございます。

 下はコンテンツ。英国で、学部学生向けに使われている教科書。ていねいです。

 私がエスノメソドロジーの勉強を始めたのは、1980年代の後半からになるんだけれど、その当時は、まだこのヘンな名前の社会学の全貌は明らかだったとはいえなくて、かつ、日本の社会学業界内での広がり方があるかたちのものだったため、いろいろと苦労がありました。その後、ガーフィンケル自身がいくつか論文を公刊して、「ひとつの研究プログラムとしてのエスノメソドロジー」という理解でいってよいことがわかってきたのだが(とはいえ、主流の社会学からみるならば、未だ理解は難しいものであるかもしれない)、いやまあ、たいへんでした(そうしたあたりに関心がある向きには、最終章をどうぞ)。

 そんな経験をもつものからすると、こんなふうに平易に書かれた本の登場は、「感動もの」かもしれないなあ。。。

1章 社会的相互行為、言語、社会
      社会的相互行為
      言語
      社会
      結語

2章 エスノメソドロジーをする
      エスノメソドロジーとエスノグラフィー
      エスノメソドロジーの実践
      エスノメソドロジーの分析の原則
      本書の内容
 

3章 エスノメソドロジーと自己省察
      新聞の見出しを分析する
      テレビニュースの意味を理解する
      結語     

4章 家族生活と日常会話
      朝食をとりながらの会話(1)
      朝食をとりながらの会話(2)
      帰宅する
      結語

5章 公共の場所に出かける
      スーパーへ歩いていく
      歩く
      カテゴリー化と共在
      知らない人と話す
      行列を作る
      結語

6章 助けてもらうためにトークを使う
      自殺――頼りにできる人がだれもいない
      警察に通報すること
      結語

7章 教育を観察する
      大学の講義の組織上の諸特徴
      新入生受け入れ学級でのアイデンティティと相互行為
      教室での権力と権威
      結語

8章 医者にかかる
      医者にかかるという決定
      診療室で
      検診のときに親密性を管理する
      専門家支配の理論
      結語

9章 組織のなかで働く
      組織のなかで働くこと――最初の例
      活動のなかの組織
      ルールを作動させること
      起業家の企業での意思決定
      テクノロジーを作動させる
      結語

10章 科学を観察する
      科学知識の社会学
      社会学と科学の「問題」
      合理主義に対抗する
      エスノグラフィーと実験室科学
      科学をエスノメソドロジーする
      結語

11章 エスノメソドロジーの原初的な性格
      エスノメソドロジーはわかりにくいか
      エスノメソドロジーは「不完全」か
      エスノメソドロジーの「経験主義」
      エピローグ

好評につき延長されていました(emcaフェア)

 紀伊国屋書店本店でのemcaフェア、びっくりしたことに好評だそうで、期間が延長されておりました。5/10までだそうです。せっかくの連休なので、行こうと計画しました。

 そして、今年度は武蔵大学で「エスノメソドロジー」が開講され、受け持っているので(しかも受講登録者が30人を超えているという! もちろんその後少し減りましたが)、これまでコメントペーパーの提出があった方々に、このフェアについてお知らせしたところ。

 小冊子も無料配布だというし、ゲットしよう。

 下記は酒井さんによる企画趣旨。

 そこで何が行われているのか/それは如何にして可能なのか[★]。 ──社会学の一流儀であるエスノメソドロジー(EM)は、このシンプルな問いを丁寧に跡づけていこうとするものです。

  一方でエスノメソドロジーは、研究者がその都度注目している場面において、そこに参加している人たちがどのように──他の局面でも使えるだろう一般的な仕掛けを/しかしその場特有の事情に合わせて用いながら──お互いの行為や活動を編みあげていくかを捉えよう[●]とします(これは、なるべく多数の現象・行為・活動に当てはまる──という意味で一般的な──知見の獲得を目指そうとする通常の社会科学の流儀とはずいぶんと違います)。

  他方でエスノメソドロジーは、取り組んでいる課題★と方針●のシンプルさゆえに、多様な現象に広くアクセスしていける普遍性と柔軟性を持っています(そのせいで書店ではいろんな棚に散らばって置かれてしまうことにもなるのですが。このリストでは狭い意味でEMに属すると判断した書籍には先頭に◎を付けました)。

  エスノメソドロジーのこの特徴は書籍遊猟者たちにも利用していただけるはずです。つまりエスノメソドロジーの様々な研究を手がかりにすることで それが属する本棚にある他の書籍と比較しつつ違いを読むとともに、方針●に乗っかりながら別の本棚にもアクセスしていける、という様に。

  このブックリストは、そうした書店フロア散策のやり方を提案するために作成したものです。(酒井)

2014年3月29日 (土曜日)

紀伊国屋書店本店にて

 新宿にある紀伊国屋書店の本店で、今月の17日から、ブックフェア「実践学探訪ー概念分析の社会学(エスノメソドロジー)からはじめる書棚散策」というのを開催中。期間中に一度くらいは見に行かねばと思っているのだが、1ヶ月やってるらしいから、だいじょうぶかな。

 選書は、酒井、前田、浦野、小宮、秋谷、中村、五十嵐、森の各氏と、そして中河伸俊さん。

«たいへん久しぶりに「本館」をいじる(ここも)